受身形

Gibt es kein Subjekt in einem Satz, so wird die passive Form (受身形) oft verwendet.

1.Eine Aussage wurde von jemandem getätigt. Man wiederholt diese praktisch und lässt den Gesprächspartner wissen: “Es wurde xxxx” Nicht von mir, aber von jemanden.
Bildung des Verbs: Verb +  Verneinung – ない + れる
例えば> 食べる -> 食べない -> 食べれる
泳ぐ -> 泳がない -> 泳がれる
読む -> 読まない -> 読まれる
刺さる -> 刺さない -> 刺される
溶ける -> 溶けない -> 溶けれる

昨日会ったの男子が今日も来れる = 昨日会ったの男子が今日も来るって誰か言った。

2.Auch allgemeine Aussagen können damit gemacht werden.
Bildung des Verbs: Verb + Verneinung – ない + れる - る + ています
例えば> 食べる -> 食べない -> 食べれる -> 食べれています

これは世界で一番高い建物だと言われてる = これは世界で一番高い建物だって誰か言ってる。
講堂で試験を受けると言われた。= 講堂で試験を受けると誰か言った。
俺の名前が書かれてない。= 俺の名前が書いてない。

3.Wenn sich eine schlechte Situation ergibt.
Bildung: Subjekt + に + Verb + Verneinung – ない + れて
例えば> 行う -> 行わない -> 行われて

家族に事故で死なれて、大学を続かなくなった。
お酒に飲みし過ぎれて、事故を引き起こした。

4.Wenn man um Verzeihung bittet.
Bildung des Verbs: Verb + Verneinung – ない + せて + 下さい・もらえますか・もらえませんんか

手を洗わせて下さい = 手を洗ってもいいですか
ペンを使わせてもらえませんか = ペンを使ってもいいですか = ペンを借りてもいいですか

JLPTN3, 文法, 日本語 Warning: printf(): Too few arguments in /home/.sites/307/site7853588/web/wp-content/themes/simplelin/inc/template-tags.php on line 76

Diese Website verwendet Akismet, um Spam zu reduzieren. Erfahre mehr darüber, wie deine Kommentardaten verarbeitet werden.